<< CMS-3 とりあえず、XAMPPをインストールする | main | 引っ越しました >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハーバードビジネスレビュー 200709 「脱」管理主義のリーダーシップ 〜あたりまえだけど・・・〜

今回のテーマはごく当たり前(最近では)の話である。それを一冊の本にして事例と1フレーズでまとめるのがアメリカの特技なんだろうか?
いくつかの事例とともに語られる言葉は
「自分史はあなたの人生そのものでない。自分の半生について理解することにある。自分史はさまざまな経験に意味をあたえ・・・・」
「いかなるリーダーも自分ひとりだけの力で成功することは出来ない。・・・・優れたリーダーは進むべき道を踏み外さないようにサポートしてくれる優秀なチームを作る・・」
「・・・壁に貼られたスローガン、・・・ではなく、実際の仕事の中で自社の存在理由を具体的に伝えている」
あとは
サミット症候群、学習曲線のピークで失速する人々 というのも面白かった(心当たり大)確かにうまくいかないとモチベーション下がるんですよね。最初の見出しは「成功がもたらす病」です。

最後に気になったのはオムロンの創業者、やはり支えてくれる家族(妻と弟)がしっかりいたそうです。

スポンサーサイト

  • 2011.01.15 Saturday
  • -
  • 14:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
参加ランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 小説を書くための基礎メソッド(初級編) 〜見本となるのは?〜
    あろえ (01/01)
  • 結果を出す人」はノートに何を書いているのか
    美崎栄一郎 (09/02)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM