<< Ubuntu Linux入門キット | main | 標準化と品質管理200505 環境ISO 日本の主張とビジョン ~認証されるのは実力の証明?~ >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


BeautifulCode ~やはり美しいものはよい〜

評価:
Brian Kernighan,Jon Bentley,まつもとゆきひろ
オライリージャパン
¥ 3,990
(2008-04-23)
コメント:美しいものはすばらしい、すくなくともプログラムの世界ではそうおもう、そうそうたる執筆者による解説書。

 ときどき見かけるのがやっつけ仕事のエクセルVBAマクロである。とにかくいい加減であとで修正が大変だったりする。定数宣言はつかっていないし、コメント0、同じような仕事を繰り返して書いている。正直げんなりする、そして、最後は修正に時間がかかるから変えたくない!なんていうから頭痛がする。
 この本はそんな低レベルのことは書かれていないが、BeautifulCodeというのはコンピュータのプログラムにとってあるべき姿ではないだろうか?
 ただ、あまりにも高度であり、分厚い、(ただ、600ページ以上が3800円なので高価とはいえないだろう)それゆえサンデープログラマーには手余りな一冊である。

スポンサーサイト

  • 2011.01.15 Saturday
  • -
  • 21:05
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
参加ランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 小説を書くための基礎メソッド(初級編) 〜見本となるのは?〜
    あろえ (01/01)
  • 結果を出す人」はノートに何を書いているのか
    美崎栄一郎 (09/02)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM